So-net無料ブログ作成

ART CHRISTMAS 2014 [2014]

2014artx,mas1.jpg


11月28日(金)ー12月5日(金)
11:00am~6:00pm  3日(水)休廊



出品作家:赤松 功   尾崎 帆奈  加藤 栄吾  草地 元   楠見ヨネ子
     剣持 綾子  齋藤 典久  酒本 道子  佐々木浩章  東海林ユキエ
     高橋 修吾  新野安紀子  もりふみこ  森田 順子  山本 剛史
     吉岡カオル  渡辺 菊乃

わたなべ画廊の今年最後の展覧会 ART CHRISTMAS 
17名の作家によるオブジェ、絵画、食器などを展示しております。
どうぞお楽しみください。


art christmas.jpg



art christmas2.jpg




共通テーマ:アート

瀬古 徹 展 [2014]

seko.jpg



作家在廊日:16日(日)、18日(火)、22日(土)、
      23日(日)、24日(月)、25日(火)


Token

地と図の関係が気になる。
ものやことがあるべき処にあるべき様にあるということが、だ。

”純粋”美術は日常にあり、
ならば日常におけるのは”応用”美術とよばれる。

私の作品は応用としての機能を持たず、
純粋の破片(かけら)であるにもかかわらず、
ここ(この画廊)を出発し、
向かいたいのは美術館ではない。
日常である。
地と図のねじれた矛盾を承知の上で、
記録された音楽が何回も再生されるように
人々の心に染み込んでいって欲しいと願っている。

やりたいのは”主張のない純粋美術”だ。
美術作家の想いの量は、これくらいでよいと思っている。

私にできるのは
壁面に小さく「しるす」のみである。

               2014.11.14
                瀬古 徹

2014nov瀬古個展わたなべ画廊会場web-2[1].jpg



2014nov瀬古個展わたなべ画廊会場web-4[1].jpg









共通テーマ:アート

森 天飛 展 [2014]

mori2.jpg

     10月31日(金)~11月11日(火)
     11:00AM~6:00PM  11月5日(水)・6日(木)休廊


amahi1.jpeg

共通テーマ:アート

渡辺 菊乃展 [2014]

 10月17日(金)~28日(火)
  11:00~18:00   22日(水)・23(木)休廊


IMG_20140927_0001.jpg



kikuno2.jpg 
場所 / F100


原風景を描き展示するなかで、様々な別の土地の、
しかし同じような原風景を持つ人に
たくさん出会いました。
そして「私」の原風景と思っていた景色は、
人の原始的な感覚に作用する眺めなのかもしれない
と、思うようになりました。
今は、私の原風景の延長にあるかもしれない、
普遍的な景色を表現したいと思って制作しております。
                   
                   渡辺 菊乃


作家在廊日:24日(金)~28日(火) 12:00~在廊

共通テーマ:アート

剣持 綾子展 [2014]

  10月3日(金)~14日(火) 11:00~18:00  8日(水)・9日(木)休廊

IMG_20140927_0002.jpg
      

       生活の中で出会う生きものと作品が
       もじゃもじゃとどこかでつながってい
       てきれいだなと思うこと、きれいだな
       と思うもの、小さな存在感が表現でき
       るとうれしいです。

       
       作品タイトル:ノコギリクワガタノオト(オス) / 剣持 綾子



                  作家在廊日: 10日(金)11:00~12:30
                            11日(土)11:00~17:30
                            12日(日)16:00~18:00
                            13日(月)16:00~18:00
                            14日(火)11:00~18:00



 kenmotikaijo.jpg 剣持 作品.jpg 

共通テーマ:アート

オーライタロー展    [2014]

 埼玉B級建物散歩

IMG_20140914_0002.jpg

2014.9.19(金)~30(火)  
11:00~18:00   24日(水)、25日(木)休廊
企画:CURRGH ART PLANNING
;「埼玉B級建物散歩」と銘打ち、埼玉県内(といってもほんの一部ですが)に残るB級 (愛すべき、くらいの意味です) 建物を描いた作品を並べます。 池袋から西武池袋線で80分、 ちょっと遠いですが、お越しをお待ちしております。あなたの町の建物もあるかもしれません。
   
notoyashoten.jpg
   越生のとや書店 / 油彩 530×455mm


共通テーマ:アート

ART SELECTION 2014 玉 征夫 ・加藤 栄吾展 [2014]



2014年9月5日(金)~9月16日(火)
AM11:00~PM6:00(10日(水)、11日(木)休廊)
●オープニングパーティー:6日(土) PM5:00~
お気軽にお出かけください。

IMG_20140906_0001.jpg



玉 征夫 Tama Ikuo

__ 2.JPG

私的絵画―終わりから始まる物語として

今回の作品は、2000年以降の作品の延長線上にある。私は作品の意味を考えるとき、
ゴーガンの有名な作品タイトル、我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこ
へ行くのか、の問いかけを自ずからの問いかけとして、念頭に置くことにしている。
現実に起きていることをベースにしながら、それらを過去の記憶、或は予兆めいた
イメージと重ねながら制作する。これまでも虚空の湖に眠る鳥、神のいない8月のイコン
など、タイトルにその時々の想いを込めた。今回発表する作品も、私たちの社会と深く
かかわる物事に触発されて、挑んだつもりである。意識を共有することは難しい。しかし、
少しでも伝わることを希望としたい。                        





加藤 栄吾 Kato Eigo

__ 4.JPG

そこに在ることの理由を描きたいのだ。

絵画は、「独り遊び」の延長にある。しかし、「独りよがり」ではいけない。同じ事を何度も
何度も繰り返し、日々の現象の中から、何が、より本質的なのかを見極めようとしている。
現代の美術表現の中で、絵画は、既に古くさい化石のようなものだ。表現の力を考えると
絵画イメージとしての限界は既に終わっている。しかし、どのようなスタイルだとしても、限界
を超えたところ(あるいは限界という意識の外側)にしか、見えてこないモノが在る。それが
大切なのだと思えてきた。

                                   2014.09.06    加藤 栄吾

共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます